埼玉校

毎日、花や緑に触れられる環境で、
感性豊かなスペシャリストを目指す。

ニーズをとらえたカリキュラムのもと、広々とした実習農場をはじめとする充実の施設で約2000種の植物を管理。学生全員が生産から流通までを総合的に学び、幅広いスキルや技術を身につけることが可能です。植物に関するさまざまな夢を叶えることができる環境が整っています。

学びのポイント

Point01 土に触れ、土に学ぶ

花や緑を理解するには、土のことを知ることが必要。
本校では毎日、土に触れながら肥料の配合、
土づくりなどを行い、
植物と向かい合いながら
適切な処置や管理方法を学びます。

Point02 早期からの現場体験

夢の実現には、現場のニーズを的確に把握すること、
不足部分を
徹底的に学ぶことが大切。
年1回のインターンシップだけでなく、
希望者には積極的に現場体験を推奨していきます。

Point03 輪を広げるコース間コラボ

一人ひとりの発想豊かな作品づくりのため、
あえてコースごとの
クラス編成にせず、
常にさまざまな分野の情報を
キャッチしやすい学習環境づくりを行っています。

コース

  • 花と野菜の農業ビジネスコース〈花き園芸専攻〉
  • 花と野菜の農業ビジネスコース〈野菜生産専攻〉
  • フラワーデザインコース(埼玉校)
  • 造園・環境緑化コース

施設紹介

  • 校舎と前庭青々とした芝生が広がる前庭は学生たちの憩いの場となるだけでなく、実習の場としても使われます。また、四季を通じて色とりどりの花壇が目を楽しませてくれます。

  • ボーダー花壇(明/暗)ショッピングモールや空港内などの屋内緑化を園芸装飾技法の基本から学び、校舎内2か所の異なる環境下で実践します。

  • 実習用フラワーショップ学生が制作した商品や植物を母の日や学園祭などで販売し、接客技術や行事に合わせたディスプレイを習得。また、植物の管理方法を日々の手入れで身につけます。

  • バイオ室ウイルスフリーや大量増殖など植物バイオテクノロジーの基礎を、実験を通して学習します。

  • キーパー(切花用ストッカー)フラワーデザインの実習で使う大量の切花を保存すると同時に、キーパーディスプレイの方法を学びます。

  • 観葉植物見本ハウス室内園芸の代名詞である観葉植物や熱帯果樹を常時200種類以上展示し、栽培・管理の方法を学びます。

  • 多肉植物見本ハウス300種類以上のサボテン・多肉植物を展示。繁殖方法や利用方法、商品作成技術を学びます。

  • 園芸植物見本ハウスあらゆる分野の代表的な植物を季節ごとに100種類展示。多くの実物を観察することでより深く学びます。

  • 鉢花生産ハウス花壇や寄せ植え用の花苗を生産し、実際に利用することで、ニーズに合った栽培方法や品質について学びます。

  • 切花生産ハウスフラワーデザインコースの学生も栽培・管理に関わり、授業やイベントで利用できる季節ごとの切花を栽培しています。

  • 野菜生産ハウス栽培施設の管理・運営方法や、温室内での栽培・生産方法を学び、季節を問わない野菜作りを実践します。

  • 洋風庭園欧米のガーデンスタイルを学びつつ、レンガワークやアーチ作りなどの木工、バラの管理や花の植栽などの施工・管理を行います。

  • 日本庭園竹垣やつくばい、延段といった伝統的な技能から現代の雑木の庭まで、様々な様式の庭の施工・管理を通じて、日本の庭園技術・知識を学びます。

  • 樹木園作庭用の樹木のほか、育種・繁殖実習で増やした苗木や、国家検定で出題される樹木を管理しています。

  • 造園検定場敷地内に検定場があるため、資格の授業以外でも自主的に国家検定造園技能士の実技訓練が行えます。

  • 野菜圃場代表的な季節野菜の生産技術、マルチや灌水チューブを利用した省力栽培を実践しています。

  • スィートコーンの電照栽培施設(11月)本来は春~夏にかけて栽培する作物ですが、このように夜間の電照を行うことで晩秋に栽培する方法も指導しています。

アクセス

  • JR高崎線 北鴻巣駅下車 : スクールバス・車 15分
  • 東武伊勢崎線 羽生駅下車 : スクールバス・車 20分

主要駅からの所要時間

埼玉校の1日(例)

授業日やオープンキャンパスの日に
スクールバスを運行しています

※詳しい時間や集合場所などはお問い合せください。

よくあるご質問

車での通学は可能ですか?
事前に申請をしていただき、許可が下りれば可能です。駐車場は学生用で100余台分確保しています。生産・フラワー・造園のどの分野に進んでも車を運転する機会は多いため、学生のうちに慣れておくことをお勧めしています。なお、スクールバスと駐車場は無料です。
東京校との違いは何ですか?
埼玉校には制限なく誰でも利用できる農場や庭があり、花や緑に毎日触れることが可能。植物に対する感性を養いつつ、実践的に知識と技術の両方を身につけることができます。
休日の植物管理はどうしているのですか?
普段の休日は学校教職員が管理しますが、夏休みなどの長期休暇期間は学生が当番制で管理。帰省する学生は休みの前半や後半に担当するなどして、調整も行います。
インターンシップや就職先のエリアは限定されますか?
学生の希望を最優先しますが、1年次の場合は将来の方向性や企業研究が充分ではないため、学校側で紹介することも。就職先は全国各地、希望するエリアから探すことが可能です。

オープンキャンパス お友達、保護者の方との参加も大歓迎!

疑問や不安も先生や先輩に聞いて解決!

学校の雰囲気がわかる!

「テクノ・ホルティのことを、もっと知りたい!」と思った方は、ぜひオープンキャンパスへ。
花や緑に触れたり、先生や先輩と話して、本校の魅力を感じてもらえるはずです。
ぜひ自分の目で確かめてください。

オープンキャンパス

  • 埼玉校
  • 東京校
資料請求

BLOG 日常の様子をお伝えします!

オープンキャンパスお申し込み

資料請求