NEWSお知らせ

2015.08.31 埼玉校

技能五輪国際大会 ~ブラジル・サンパウロ~ 結果

2015.08.31 埼玉校
2014年11月に行われた技能五輪全国大会(日本)のフラワー装飾部門で優勝した栁井玲子君が、ブラジル・サンパウロで2015年8月に開催された国際大会へ日本代表として出場。
それまでの訓練の成果を出して、世界各国から参加した代表選手と技能を競いました。結果は18位でしたが、精一杯頑張って自分の作品を作り上げていました。


その様子をほんの少しご紹介します。

ブラジル式の「がんばる!」で競技に臨みました。

競技は4日間。全部で10の課題を作成していきます。

素材は切り花だけでなく、多肉植物や観葉植物、鉢花、ランなど様々。

競技3日目の課題。ブライダル:肘から手首までを装飾する作品と会場を飾るアレンジ。

4日目は、次回開催地アブダビをイメージした作品と、エコをテーマにした作品づくり。

選手一人ひとりにスペースが与えられ、その裏には自由に使ってよい大量の材料が。

選手は他の様子を見ることはできなくても来場者は別。すぐ近くで観戦しています。

競技の合間の一コマ。エキスパートの和田先生と作戦を練ったり、説明を聞いたり…


4日間の競技が終了するころには、たくさんの作品が飾られていました。


競技会場:ラテンアメリカ最大のイベントセンターの1つであるアニョンビパーク。

開会式と閉会式は、とても大きなイビラプエラ体育館で行われました。
これは日本選手団が入場する様子。

閉会式では約50か国から集まった1,000名以上の選手が一堂に会してすごい熱気。
フラワー装飾部門の優勝は南チロル・イタリア代表。おめでとうございます。

全競技が終了してホッと一息、記念写真。
普段の指導だけでなく、エキスパートとして活躍してくださった和田晃一先生(フラワー装飾技能検定委中央協議会会長)と、
たくさんの温かい指導をしてくださった立川瞳先生(埼玉県フラワー装飾技能士会会長)。
どうもありがとうございました。

また、今回の出場に際しては、業界各方面からたくさんの応援をいただきました。
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

オープンキャンパスお申し込み